会社名

株式会社ひびき精機

創業

1967年12月15日

設立

1972年7月1日

資本金

75,000,000円

代表者

代表取締役 松山 英治

所在地

本社工場 / 〒750-0313 下関市菊川町田部186-2

第二工場 / 〒750-0313 下関市菊川町田部155-8

TEL

083-288-2208

FAX

083-287-4780

MAIL

info@hibikiseiki.com

社員数

96名(男性73名 女性23名) 平均年齢32歳

事業概要

半導体製造装置関連部品製造

航空宇宙関連部品製造

各種精密機械部品製造

研究開発支援

取引先

株式会社日立ハイテクノロジーズ

東京エレクトロン株式会社

株式会社アルバック

三菱重工業株式会社

川崎重工業株式会社

株式会社IHI

JAXA(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)

研究開発機関及び大学・スタートアップ企業等

取引銀行

山口銀行 小月支店

商工組合中央金庫 下関支店

三井住友銀行 下関支店

日本政策金融公庫 下関支店

認証取得

ISO9001:2008(登録番号:JQA-QMA14798)

ISO14001:2004(登録番号:JQA-EM6956)

ISO9001・ISO14001対象範囲(精密機械部品の製造)

JISQ9100:2009(登録番号:JQA-AS0116)

JISQ9100対象範囲(航空宇宙及び防衛産業用機械加工部品の製造)

 

 

代表取締役 松山 英治
 
 

専務取締役 松山 功

人が資本、人が財産。

ご挨拶
私達が拓く未来、主役はやはり人です。 人を育て、人が技術を創る。
自転車に例えるなら、前輪の心で社会に役立つのは何かを見つけ、後輪のノウハウで実行する。
つまり「心」で方向性、「技」で進む。それもバランス良く力強く走るのです。まず、モノづくりの「心」を育てないと「技」は育たない。というのが私の持論です。
私たちは、そんな人と技術の関係をこれからも大切にしていきたいと考えています。これからも、社会に貢献しているという誇りを持ってさらなる可能性に挑戦し続けます。
代表取締役 松山 英治

お客様に信じられ頼りにされる日本一の職人集団を目指し、会社の発展と社員の幸福をバランス良く実現させる。

経営理念 - 褒められたい -

株式会社ひびき精機では、「社員の成長なくして会社の成長はあり得ない」という考え方が基本である。当社は1993年から「技術・技能伝承企業」を目指し、設備投資を続け、今日に至っている。そしてひびき精機で働く社員にとって、ひびき精機は社員の「自己実現の場」とならなければならない。社員が世の中の役に立って「褒められ」「良い人生」と思えるよう、社員の能力開発を支援していくのが、ひびき精機の人材育成の基本方針・目標である。

 

ひびきの歩み

沿革
1967年12月

前代表、松山康夫の個人営業として、下関市彦島塩浜町にて、松山製作所を創業 

1972年7月

有限会社ひびき精機工作所と社名変更、新発足

1979年9月

事業内容の進展に伴い、下関市形山みどり町に工場設立、移転

1993年4月

本社工場を下関市小月南町に全面移転

1998年6月

事業拡張に伴い、本社工場隣接地に工場増設

2002年7月

ISO9001(品質マネジメントシステム)を認証取得

2006年12月

大阪中小企業投資育成株式会社に株式割当

2007年6月

事業拡張に伴い、菊川工場を増設

2007年6月

経済産業省 中小企業庁 第2回 元気なモノ作り中小企業300社選定

2008年2月

菊川工場に全面移転

2008年7月

ISO14001(環境マネジメントシステム)を認証取得

2011年10月

森精機が主催する、第8回切削加工ドリームコンテストにて技能賞受賞

2013年3月

山口県産業技術振興奨励賞

2013年3月

山口県知事賞を受賞

2013年9月

JISQ9100(航空宇宙品質マネジメントシステム)を認証取得

2013年12月

経済産業省 中小企業庁 がんばる中小企業・小規模事業者300社選定

2014年6月

同工業団地内に、第二工場を建設

2017年5月

株式会社日立ハイテクノロジーズ様より パートナー賞 受賞

2017年12月

公益社団法人中小企業研究センター 第51回(平成29年度)「グッドカンパニー大賞」受賞

2017年12月

経済産業省 「地域未来牽引企業」 に選定

2018年7月

やまぐち健康経営企業認定に向け健康宣言

2019年1月

優秀経営者顕彰受賞

グッドカンパニー大賞 受賞

全国の中小企業の中から、 経済的、社会的にすぐれた成果をあげている企業を選び、 「グッドカンパニー大賞」 を贈って顕彰し、 わが国の中小企業の発展に資することを目的とする。
表彰企業は、資本金または出資総額3億円以下かつ創業あるいは設立後3年以上の法人企業及び個人企業(共同事業体を含む)。
ただし、株式公開企業又は資本金3億円を超える会社の子会社・関連会社は除く。
文部科学省、各経済産業局・沖縄総合事務局経済産業部、商工会議所(連合会)、商工会(連合会)及び東京・名古屋・大阪中小企業投資育成株式会社に推薦を依頼する。
表彰企業の選考及び毎年度の表彰事業の運営方針・計画等について、審査委員会は、補佐機関である審査専門委員会並びに技術評価専門委員会の審査・検討結果の上申を基に審議・決定する。

公益社団法人中小企業研究センターホームページより

 
 

優秀経営者顕彰 受賞

日刊工業新聞社主催「優秀経営者顕彰」は、優れた経営手腕により企業を成長させ、日本経済の発展と地域社会に大きく貢献したモノづくり関連の中堅・中小企業経営者を広く顕彰する制度です。
日本経済の隆盛は、中堅・中小企業が重要な役割を果たしたといえます。近年、中小企業の稼ぐ力は過去最高の水準にある一方、国際競争力の強化、事業承継問題など新たな課題が山積しております。難局を打開し、安定成長を持続するためにIT の利活用などイノベーション、経営革新といった経営者のたゆまぬ努力が不可欠であると考えられます。
1983年に始まった本顕彰制度は、中小企業庁や関係団体および産業界から高く評価されています。中堅・中小企業の経営者に焦点を当て、その功績を讃え、顕彰することは、日本経済の発展に深く寄与するものと確信しております。

優秀経営者顕彰ホームページより

 
 

アクセス